日本の伝統舞踊

traditional japanese dance 文化

日本の伝統舞踊の最高峰の一覧です。

  • 歌舞伎
  • 能舞
  • 日本舞踊
  • 民俗舞踊
  • 盆踊り
  • 神田舞

日本の伝統的な踊りのステップを学ぶには、それぞれの踊りを専門とするダンス講師のレッスンを受ける必要があります。日本の伝統的な踊りは、芸術の一種であり、優雅に踊るためには、それを学び、習得する必要があります。

能舞の起源は13世紀にまでさかのぼることができる。能舞は、笛や小鼓による音楽に合わせて舞う。ある時は、声楽や打楽器の音楽に合わせて踊ることもある。能舞の舞は、一連の型によって組み立てられている。形とは、優雅で美しく行われる体の動きのパターンである。

能舞には「中ノ舞」「上ノ舞」「男舞」「神舞」「神楽」「楽」の6種類がある。

能舞は、面をはじめ、衣装も重要な要素である。能舞の面は、日本で最も芸術性の高い面であると言われています。

日本舞踊

日本舞踊は、日本の古典音楽に合わせて踊る日本の伝統芸能です。

特に日本の女性は、日本舞踊のお稽古をすることを好みます。だからこそ、魅力的な着物を着ることができ、洗練された立ち居振る舞いを身につけることができるのです。

結婚前の女性は、料理や掃除のお稽古をしたり、日本舞踊や茶道など日本の伝統芸能を習ったりして、教養を身に付けていたのです。

この習慣を「花嫁修業」と呼んでいた。

日本舞踊は、着物の着付けや礼儀作法、日本文化を学ぶことができるため、日本の伝統芸能の中でも最も人気のある習い事である。

芸妓さん

1回の公演には約8つの場面があり、それぞれが日本の生活、特に京都や芸妓街の生活の一面を描いている。特に神社仏閣などの伝統的な場所や、一年を通して見られる自然の変化に焦点が当てられている。芸妓さんたちは、踊りだけでなく、歌やミニドラマも披露します。豪華な衣装の制作には膨大な労力が費やされ、芸妓・舞妓は白塗りの顔や華麗な髪型で精巧に化粧を施される。舞台には約60人の芸妓・舞妓が登場し、それぞれの演目に合わせた着物を身に着けています。そして、日本の伝統的な楽器を演奏するオーケストラが伴奏を務めます。ショーの最後には、出演者全員がステージに戻り、華麗なフィナーレを迎えます。

盆踊り

「徹夜踊り」:盆踊りの正体 盆の中日である8月14日から17日にかけて「徹夜踊り」を踊る地域がある。夕方から翌日の明け方まで踊られる。

私が郡上八幡で初めて盆踊りを体験したのは、8月の「秋葉原祭り」の日でした。翌日、みんなに「お祭りは素晴らしいね」と話していました。すると、町の人たちが「踊りに来たなら、”徹夜踊り “は外せないよ」と言う。徹夜踊り」は、その言葉通り、とても魅力的で美しい踊りです。郡上では約2ヶ月間踊りますが、そのハイライトは “徹夜踊り “と言ってもいいでしょう。

郡上八幡以外にも、地元の盆踊りでは「徹夜踊り」の伝統を守っているところがたくさんありますが、近代の歴史の中で変化しています。いざ、盆踊りへ。
どんな服装で行くの?
普通は「浴衣」を着ます。履物は「下駄」を履きます。履物は下駄を履きますが、履き慣れないと疲れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました