クロスフィットに挑戦する価値はあるのか?

crossfit スポーツと幸福

クロスフィットを始めるにあたって、基本的なことをお話ししましょう。初心者の方にも興味を持っていただけると思いますが、経験者の方にも復習になると思います。

クロスフィットで筋肉を増やすことはできるのでしょうか?

クロスフィットトレーニングで筋肉をつけることは、当初考えられていたほど難しくないかもしれません。… ストレングスワークを増やし、長時間のコンディショニングセッションを制限する。食事やトレーニングを少し変えるだけで、すぐに効果を実感できるはずです。

モビリティを高めるために、どのように取り組めばいいのか。

しかし、不足している運動能力を取り戻す努力は十分可能です。長い時間をかけて(もちろんスタート地点にもよりますが)、結果を出すためには規則正しい生活が必要になります。また、この改善計画には漸進的な強度が必要になります。

ここでモビリティに取り組む方法を列挙すると長くなりすぎて、あまり効果的ではありません。モビリティとは、身体のさまざまな部位に適用される概念であることはご理解いただけたと思います。そこで、各キージョイントのモビリティについては、専用の記事で議論し、それぞれに対するモビリティの取り組み方の違いを示すことを提案します。

クロスフィットで怪我をすることはあるのでしょうか?

もちろん、他のスポーツと同じように、クロスフィットでも怪我をすることはありますよ。
怪我は通常、運動単位を酷使し、練習によって損傷した組織の回復/再生が不十分な場合に起こります。特異性の高い活動や暴力的な活動は、一般的に怪我につながることが多く、単純なランニングのケースは驚くべき例です。怪我をしたことがないランナーなんていないよ。実際、どんなスポーツでも、一度もケガをしたことのない常連さんをご存知ですか?

なぜクロスフィットなのか?

クロスフィットは、ダイナミズムと多様性を求めている人、日中に自由な時間があまりない人向けです。このトレーニング方法は、MMA、キックボクシング、水泳、サッカー、バスケットボール、ラグビーなど、さまざまなスポーツを行うアスリートの準備にも応用できる。さらに、最適な身体的準備が必要な職業のトレーニングにも、クロスフィットが活用されています。結局のところ、このスポーツはチャレンジが好きな人、普通のエクササイズに飽きた人に最適なのです。実際、クロスフィットは女性にも人気が出てきています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました