Respond

実際にするとなったら

業界最大手とは

フィットネスクラブ経営というものは個人として参入することも可能だが、現在の業界でも既に大手と言われる有名なフィットネスクラブの存在がある。通常はそれらと契約してチェーン店、として経営する事になったという人も中にはいるだろう。完全に個人経営をしているフィットネスクラブというものもある、のかもしれないが恐らく大半は有名企業とのフランチャイズによるブランドによって経営戦略を展開しているのが普通と考えたほうが一番適切だろう。街中を歩いてみるとそうした有名なフィットネスが街に必ずといっていいほど1つは存在している、中には100m圏内にフィットネスクラブが構えているというシュールな状態も平然として建設されている。

有名どころのフィットネスクラブといえば現在のところ、

こんなところだろう。アーケードゲームなどのヒット商品を多数生み出しているコナミがフィットネスクラブ事業を展開していると知った時はさすがに驚いたが、それ以外だとかつてはサントリーが有していたティップネスを日本テレビホールディングスが買い取ったというニュース、またGOLD'S GYMは海外に本社を置いているより本格的なフィットネスクラブとして知られている。

起源を見るとヨーロッパから伝わっていると考えてもおかしくはないのだが、昭和中期頃から登場したという点を考慮するとすでに米国と深い繋がりを持っていた日本だからこそ、本来の源流ではない亜種から流れてきてしまった、なんて見方も出来てしまう。本来の始まりから伝達されるのではなく、派生から派生へと繋がっていったというのは何とも日本らしいのかもしれない。そんなフィットネスクラブだが経営者として一儲けを企もうとした場合にどんな準備をしなければならないのかをまずは紹介していこう。

開業に必要な手続き

フィットネスクラブにしても商売に代わりはない、体を鍛えられると、運動をして健康体を獲得することが出来るといった点は素晴らしいことだ。大義名分としては十分整えられていると行っても過言ではないが、実際に経営者という立場からクラブを運営しようと一念発起した場合、まずはどんなことから始めなければならないのかというと、次のような準備から事を起こしていく。

法的許可を取り付ける

商業的活動をする場合、何処でも好きな様に、施設も勝手に建設していいというような無法状態をこの国では違法とみなされてしまう。そのためまずは国がフィットネスクラブを運営しても良いという許しをもらうために手続きを取らなくてはならない。勿論先にフィットネスクラブとして事業展開をしている企業とフランチャイズ契約してから、というのも順番として最初のうちにしておくことに越したことはないだろう。

そういった点も含めて、国にフィットネスクラブを運営することを許してもらうためにはいくつかの許可申請を提出しなければならない。具体的には

この3つをまずはそれぞれの法に基づいて管理を任されている公共機関に許可を申請して届け出をしなければそもそもスタートラインに立つことさえ許されない。こうした当たり前の手続きを取っていないにも関わらず、当然のように経営することは許されないだろう。こうやって見ると有名企業のブランドを手に入れるのはこうした許可が降りた後、という風に見ていいのかもしれない。何にせよ、企業としても折角フィットネスクラブの経営をすることになるのだから、フランチャイズとして店舗を増やすことで売上という成績を出せなければ意味が無いので、全力でサポートするかもしれない。

資格を有している人はやはり強い

またフィットネスクラブというものの印象として強いのは、トレーナーという訪れた顧客たちの運動をより効率よくアシストしてくれる存在だ。トレーナーの指示に従うことで普段、何気なく行っていたトレーニングもこうするだけで劇的に変化と効率が上がってより引き締まった身体が手に入る、というコンセプトを見かける。

トレーナーという存在は、指導者という性質にも当てはまるため最近の傾向だとトレーナーとして資格を有している人でなければ条件として採用は認められないと、そういった動きを見せているところも増えてきている。素人と言っても普段から運動することによって、筋肉などがどのように動くかなどの原理を把握している。中にはトレーナーが素人だったため身体に負荷がかかって事故に繋がったというケースも見られてるため、経営者としてはトレーナーはちゃんとした資格を有している人を人材として欲する。トレーナーの専門資格として厚生労働省から認められている物もあるので、利用者が安全に運動できる空間を作ることも経営者に求められるところだ。